トップ >  キス船釣りでの釣り方 > キスの船釣り、今年の誘い


ノンアダルトなのに¥4200以上★
国際電話は「ラクダコール」
シルク専門店【シルクル】
Yahoo!ウェブホスティング「ライトコース」
運命転換の護符・霊符を作成
顕微鏡を使った歯の治療「精密審美歯科」

キスの船釣り、今年の誘い


キス釣りの場合、活性が高い時は1投ごとに早いタイミングであたりが出ます。


錘が着底し、誘いを5回から10回くらい入れて停止するとキスからの小気味よい信号が伝わってくる場合が多いです。


特に朝一番では、こういうケースが多いように思います。


今年は、シーズンの最初に2回ほど朝方の釣りをしましたがシーズン当初で、水温が上がっていないにも関わらずこういうケースが多かったように思います。


半夜釣りのキス釣りとメバル釣りのリレー釣りでは、キス釣りの開始時刻が3時半から4時くらいとなります。


太陽はまだかなり上にあるといっても、もう傾いていますからキスの活性も落ちる時間帯なのかもしれません。


キスの小型の場合は群れていますので、みお筋などが当たれば船の上でいっせいに竿が曲がることにもなりますが、中型から大型はとにかく誘いを頻繁に行い、餌を目立たせて拾い釣りをすることとなります。


錘で砂煙を上げるように底を叩く誘いを提唱する人も多くあり、スポーツ新聞の釣りコーナーなどでもそのように紹介されるケースもありますが、私はあまり強く底を叩かないようにしています。


キスの投げ釣りの場合は錘を底につけたまま引きずりますので砂煙は立つと思いますが、仕掛けが長いので砂煙の中に仕掛けが入っているようなことはないと思います。


しかも途中で底を叩くようなことはありません。


投げ釣りの基本としてキスが群れているあたりに錘を投げ込むと群が散るので群れの位置より沖目に遠投をして、そのポイントまでゆっくりと仕掛けを巻いていくということがあります。


このことからも必要以上に大きなアクションで底を錘で叩くようなことはしないほうがよいのではないかと考えています。


かといって底を大きく切ってしまうとキスが回遊する底から30cmから1mまでを大きく離れてしまうことにもなりますから、着底したら、穂先を15cmから30cm持ち上げ、上下に誘いを入れるということを基本とします。


キスのあたりを待つ方法として錘を底につけておく方法と少し浮かしておく方法がありますが、私は少し浮かして待つようにしています。


潮の流れ、船の動きで移動しますからそのとき底の起伏が、錘が底に着いたり離れたりすることで手に伝わってきます。


その状態で待っていればどの鈎にキスが食いついてもあたりを送ってくれます。


底潮の流れがゆるいときは、錘を底につけたままにしているとあたりがわからないことにもなりかねませんから、出来るだけ底を10cmくらい切るイメージでキスからのシグナルを待ちます。


このように、仕掛けを入れ、底立ちを取り、誘いを数回から10回くらい入れてあたりを待つ、10カウントくらい待ってもあたりがないときは再度誘いを入れることを繰り返すわけです。


コツンという一回だけのあたりの時は、餌取りか、キスかわかりません。


しばらく待ってもあたりがないときは、仕掛けを巻き上げて餌を点検、付け替えを行います。


今年の釣果として、竿頭は2回、失敗したなと思っても竿頭に大きく離されたケースは1度だけでしたから、その他の要因と考え合わせれば、誘いは今のところこのままでよいかなぁと思っています。

ムームードメイン

ロリポプラン 詳細はこちら

大容量3GB・月額1,500円!レンタルサーバー【ヘテムル】
この記事のカテゴリーは「 キス船釣りでの釣り方」です。
ターゲットであるシロギス(キス)の生態を知り、それにあわせて釣り方を工夫することが釣果を伸ばすコツ。ただ、数を釣ることを目的とするわけではないけれど、そこはシロギスとの勝負。ついムキになってしまいます。
関連記事

キスの船釣り、今年の誘い

キスの船釣りの場合は誘い方は大切です。小刻みな竿捌きで餌を目立たせ、あたりを確実に捉えるために待ちの時間を持つこと。この組み合わせに神経を注ぎます。

キス船釣りの中間総括1(餌について)

昨年までのキスの船釣りと、今年のキス釣りの違いは何か、、、やっぱり不景気の影響で釣行回数が激減していることではないでしょうか。今年はキス釣りだけでなく、メバルの半夜釣りとのリレー釣りが多くなっています。そのために、場所と時間帯が変わっているのが大きな差となっているように思います。

キス釣りの誘いのイメージ

図は水中で何もしていない状態の仕掛けのイメージです。 (ア)は天秤、(イ)は錘、...

キス釣りの針と餌のつけ方

キス釣りで、投げ釣りの場合は、仕掛けを入れてから、引きながら釣るのが一般的です。...

キス船釣りのアワセ(基本編)

キスのアタリはプルプルプルと首を振るようなアタリです。 竿が胴調子のものならこの...