トップ >  キスの船釣り道具 > キス釣りのタックルのバランス


ノンアダルトなのに¥4200以上★
国際電話は「ラクダコール」
シルク専門店【シルクル】
Yahoo!ウェブホスティング「ライトコース」
運命転換の護符・霊符を作成
顕微鏡を使った歯の治療「精密審美歯科」

キス釣りのタックルのバランス

キス釣りの道具について一つずつ見ていくと、それぞれの利点、欠点があるものの、それら全体のバランスが最も重要であることがわかってきます。


現在の私は8:2の先調子の竿で早合わせによる取り込みを目指していますが、竿の錘負荷が20号?60号、その竿に30号の錘を掛けて、アワセ切れ防止のために半月天秤を使います。


今の悩みは少し竿が硬く感じていること。


餌は青イソメ、針は7or8号のケンつき流線型のひねり針。


誘いはその日のパターンを早く見つけること、そして、潮の変化とともに誘いも掛けていくこと。


引き出しの多さが必要になります。


ただ、当てはまらないとド壺を踏むことがありますが、、、、

最近20号負荷の胴調子竿を使う人と一緒に釣る機会がありました。


この人は、天秤はパイプ天秤で半遊動仕掛けです。


最初に誘いを掛け、錘を着底させてアタリを待ちます。


アタリがあっても即合わせではなく、竿をゆっくり持ち上げるように聞き合わせます。


向こうアワセの釣りですが、バランス良く釣果を伸ばします。


竿頭になることはないですが、釣果はいつも上位です。


もう一方は7:3のショートロッドです。


このロッドは錘負荷が20号のもので、最初神戸天秤を使っていましたが、アワセ切れが多かったようで、半月天秤に変えてからは一投ごとに釣り上げていました。


この人の誘いは細かく誘い、底に錘をつけてアタリを待ち、アタリがあると即アワセ。


竿頭を取りました。


餌は両人とも石ゴカイ。


お一人は石ゴカイの頭を切って付けていますが、もう一人はそのままつけています。


二人に共通していたのは、活きのいい餌を使うのと、餌の長さをあまり長くしていなかったこと。


次回はどうすべきか、もう少し考えて見ます。

ムームードメイン

ロリポプラン 詳細はこちら

大容量3GB・月額1,500円!レンタルサーバー【ヘテムル】
この記事のカテゴリーは「 キスの船釣り道具」です。
キスの船釣りの場合、置き竿にはしませんので、できるだけ軽い道具が楽になります。 最近は、ワンピースのもので釣りをする人が増えていますね。リールは、乗合船なら両軸リールのほうが、周りとのトラブルを避けることができると思います。
関連記事

キスの船釣り用タックル

船のキス釣りは簡単ですがなかなか奥の深いものです。数を釣るためには合わせを中心とした道具立てをし、仕掛け、誘いも考えなければなりません。今年は先調子のショートロッドを使います。

キス釣りのタックルのバランス

キス釣りの道具について一つずつ見ていくと、それぞれの利点、欠点があるものの、それ...

船キス釣のおもり

船釣用の錘というのもいろいろあります。 最近では、根掛かり防止用のやわらかい棒状...

キス船釣りの天秤(私の場合)

リーダーに結ぶ天秤は船釣りなので片天秤です。 投げ釣りで使うジェット天秤などは使...

キス船釣りのリール(私の場合)

リールも2つを併用しています。 シマノ(SHIMANO) カルカッタCONQUE...