トップ >  キス船釣りでの釣り方 > キス釣りの針と餌のつけ方


ノンアダルトなのに¥4200以上★
国際電話は「ラクダコール」
シルク専門店【シルクル】
Yahoo!ウェブホスティング「ライトコース」
運命転換の護符・霊符を作成
顕微鏡を使った歯の治療「精密審美歯科」

キス釣りの針と餌のつけ方

キス釣りで、投げ釣りの場合は、仕掛けを入れてから、引きながら釣るのが一般的です。

石ゴカイを用いることが多く、針は競技針を使うことが一般的です。


競技針は、懐が小さく、針先と軸が平行になっており、針の返しも半スレのような形が多いです。


餌も一匹がけをするのではなく、針が隠れるくらい着けてたらしもほとんどなしの状態で引き釣りをします。


これが、船の場合だと、広範囲を探るという釣ではなく、基本的に船の下を釣るということになり、船の動きに合わせて釣ります。


ですから、あまり長くてもいけませんが、餌が目立つようにしないといけません。



吸い込みやすさから言うとこの競技用の針が一番いいようにも思いますが、針の掛かりからすると、ひねりが入ったもののほうが断然かかりよくなります。


基本的に競技用は手返しを良くし数を釣るために開発されたはりですから、針掛かりの良さでは他の針のほうが良いのです。


ひねりの入った針は、チヌ針が代表的です。


チヌ針をキス釣りに流用するとすると、針の大きさは0.5から1号ということになりますが、すると、針が小さく、餌を目立つようにつけるには不利になります。


最近は流線型の針でひねりが入ったものが売られていますので、これをお薦めします。


7号、8号くらいで十分だと思いますが、大型を狙うのであれば10号くらいが適当でしょう。


しかし、小さなキスは釣れなくなります。


esa.gif

図は、餌を付けた様子を示していますが、軸の部分にケンが付いていると、餌がづれることなく、きれいに付きます。


餌の全長としては3cmから5cmくらいまで、あまり長いと、キスが吐き出したり、キスが首を振った時に、針の手前で餌が千切れることになります。


あせって適当に餌をつけるよりは、確実に丁寧に餌を付けることが釣果を伸ばすことになります。

ムームードメイン

ロリポプラン 詳細はこちら

大容量3GB・月額1,500円!レンタルサーバー【ヘテムル】
この記事のカテゴリーは「 キス船釣りでの釣り方」です。
ターゲットであるシロギス(キス)の生態を知り、それにあわせて釣り方を工夫することが釣果を伸ばすコツ。ただ、数を釣ることを目的とするわけではないけれど、そこはシロギスとの勝負。ついムキになってしまいます。
関連記事

キスの船釣り、今年の誘い

キスの船釣りの場合は誘い方は大切です。小刻みな竿捌きで餌を目立たせ、あたりを確実に捉えるために待ちの時間を持つこと。この組み合わせに神経を注ぎます。

キス船釣りの中間総括1(餌について)

昨年までのキスの船釣りと、今年のキス釣りの違いは何か、、、やっぱり不景気の影響で釣行回数が激減していることではないでしょうか。今年はキス釣りだけでなく、メバルの半夜釣りとのリレー釣りが多くなっています。そのために、場所と時間帯が変わっているのが大きな差となっているように思います。

キス釣りの誘いのイメージ

図は水中で何もしていない状態の仕掛けのイメージです。 (ア)は天秤、(イ)は錘、...

キス釣りの針と餌のつけ方

キス釣りで、投げ釣りの場合は、仕掛けを入れてから、引きながら釣るのが一般的です。...

キス船釣りのアワセ(基本編)

キスのアタリはプルプルプルと首を振るようなアタリです。 竿が胴調子のものならこの...