トップ >  キスの船釣り餌 > キス釣りの餌(6月)


ノンアダルトなのに¥4200以上★
国際電話は「ラクダコール」
シルク専門店【シルクル】
Yahoo!ウェブホスティング「ライトコース」
運命転換の護符・霊符を作成
顕微鏡を使った歯の治療「精密審美歯科」

キス釣りの餌(6月)

1種類で勝負すると言いながら、頻度が落ちているのでついつい、石ゴカイと青イソメを半々で持っていくという状態が続きました。


水温の上昇とともにキスの食いも徐々に上向き、7月の声を聞いてからは竿頭70尾という結果がでるようになってきました。


船で餌を頼むと青イソメが用意される遊漁船で、石ゴカイと青イソメの比較をしてみました。


誘いがうまく機能しない時は、石ゴカイのほうが動きが活発で食いが良いようにも思えました。


誘いがちゃんとできて、頻繁に当たりが出るような時は、青イソメの方が身切れせず針掛かりするように思えました。

当たりがあるのに針に乗らないというのは針が大きい、たらしが長い、餌の身がやわらかいなどの理由が考えられます。


同じ仕掛けで、上から青イソメ、石ゴカイとしたときも、石ゴカイ、青イソメとしたときもどちらも変わらなく、当たりがありました。


石ごかいは青イソメと比較すると細く、動きが良いという利点があります。


これを生かす針への付け方は、通しがけかちょんがけで、たらしあるほうがよいのです。

あまりたらしが長すぎるとキスは吐き出してしまいますから、どうしても一匹がけでは長いようです。


ですから、尻尾の方だけ長さを調節してカットしました。


そして、どちらかと言うと、石ゴカイは早合わせより、向こうあわせの釣り方に適しているように思いました。


当たりがあって合わせをいれる、針掛かりせず、餌の一部だけ針に残ってあがってくることがありました。


合わせが早すぎたと言うよりは、キスが吸いこんだときに身が切れたのかもしれません。

青イソメの場合は、身がしっかりしていますので、キスが吸いこんだ拍子に身が切れるということはまずないと予想します。


身の動きが石ゴカイほどないという点は誘いでカバーします。


底から30cmくらいまでをふわふわと動くイメージで誘います。


そうすればあたりの数には差が出なかったように思われます。

ムームードメイン

ロリポプラン 詳細はこちら

大容量3GB・月額1,500円!レンタルサーバー【ヘテムル】
この記事のカテゴリーは「 キスの船釣り餌」です。
キスの船釣りの餌。キス釣りの餌といえば、石ゴカイ、青ムシ、チロリが有名なところでしょうか。私はあまりチロリを使うこと派ありませんが、石ごかいと青ムシは場所や天気によって使い分けるといいですね。
関連記事

キスの船釣りの餌考

このサイトを立ち上げて4年以上になりました。 最近はあまり更新をしていませんが、...

キス釣りの餌(6月)

1種類で勝負すると言いながら、頻度が落ちているのでついつい、石ゴカイと青イソメを...

キス釣りの餌(5月期の場合)

この時期大物狙いなので青イソメ(青虫)が定番です。 ただ、生きがいい方が餌持ちも...

キス船釣りの餌(私の場合)

エサは青虫か石ゴカイ。 私の乗る渡船では青虫(アオイソメ)を薦めています。 これ...

キス船釣り用の餌

餌に初心者もベテランもないわけです。 石ゴカイかアオイソメで十分です。 ただ注意...