トップ >  キスの船釣り道具 > 船キス釣のおもり


ノンアダルトなのに¥4200以上★
国際電話は「ラクダコール」
シルク専門店【シルクル】
Yahoo!ウェブホスティング「ライトコース」
運命転換の護符・霊符を作成
顕微鏡を使った歯の治療「精密審美歯科」

船キス釣のおもり

船釣用の錘というのもいろいろあります。


最近では、根掛かり防止用のやわらかい棒状の物までいろいろです。


キス釣りの場合は天秤仕掛けになりますから、天秤の下にあり、着底することの多い錘です。


底で安定させるのにもっとも適した形は釣鐘型といわれるもの。


底面が水平な面になっています。


もっともポピュラーなのが六角錘。


お徳用に数が入っているものもあります。


岩礁帯で使われるタイプでホゴ錘と呼ばれる細長い円筒型または、その底がつぶして薄くしてある形のものがあります。

釣鐘型と呼ばれるものはカレイなど底ものの叩き釣りと呼ばれる、底で土煙を上げて魚を誘うのに使われます。


キス釣にもこの釣鐘型がもっとも適していると思うのですが、量販店でも売っているお店は少ないです。


キス釣りの誘いの際、2つの意見があります。


私の良く行く遊漁船では、誘いを入れることを推奨していますが、その際初心者には必ず「底を5回くらい錘で叩いて、当たりをまつ」これを繰り返すように薦めています。


キスの習性からすると、濁りを嫌い、臆病な魚だとされていますから、底を叩くと言うのはいかがなものかと思います。


底から30cmくらいのところで、餌を目立たせるように誘いを入れるということが狙いですからできれば底は叩かずに、叩くならほご錘のように先のとがっているような錘で、軽く当てる程度がよいのではないかと思います。


当たりを待つときに錘を着底させるか否かは仕掛けの長さ、天秤に何を使っているかにもよると思いますが、着底させるなら釣鐘型がもっとも安定するでしょう。


ただ、船のキス釣りの場合は船を流しながらの釣りになりますから、あまり長時間底につけたままだと釣鐘型は転がりが悪いですし、他の錘と比べて砂煙を立てることになります。


ですから、釣鐘型を使う場合は誘導仕掛けが適しているようです。


完全に固定型の天秤を使うなら、六角錘か、筒型の錘が良いでしょう。


ただし、筒型の場合は、着底させた状態でも潮などに流されやすいように思います。


私の場合は、固定型の天秤を使うときは六角錘を用い、誘いは底を叩かないように底近くで行い、当たりを待つときはそこぎりぎりまで錘を下ろすイメージで行っています。

ムームードメイン

ロリポプラン 詳細はこちら

大容量3GB・月額1,500円!レンタルサーバー【ヘテムル】
この記事のカテゴリーは「 キスの船釣り道具」です。
キスの船釣りの場合、置き竿にはしませんので、できるだけ軽い道具が楽になります。 最近は、ワンピースのもので釣りをする人が増えていますね。リールは、乗合船なら両軸リールのほうが、周りとのトラブルを避けることができると思います。
関連記事

キスの船釣り用タックル

船のキス釣りは簡単ですがなかなか奥の深いものです。数を釣るためには合わせを中心とした道具立てをし、仕掛け、誘いも考えなければなりません。今年は先調子のショートロッドを使います。

キス釣りのタックルのバランス

キス釣りの道具について一つずつ見ていくと、それぞれの利点、欠点があるものの、それ...

船キス釣のおもり

船釣用の錘というのもいろいろあります。 最近では、根掛かり防止用のやわらかい棒状...

キス船釣りの天秤(私の場合)

リーダーに結ぶ天秤は船釣りなので片天秤です。 投げ釣りで使うジェット天秤などは使...

キス船釣りのリール(私の場合)

リールも2つを併用しています。 シマノ(SHIMANO) カルカッタCONQUE...