トップ >  キス船釣りでの釣り方 > キス船釣りのアワセ(基本編)


ノンアダルトなのに¥4200以上★
国際電話は「ラクダコール」
シルク専門店【シルクル】
Yahoo!ウェブホスティング「ライトコース」
運命転換の護符・霊符を作成
顕微鏡を使った歯の治療「精密審美歯科」

キス船釣りのアワセ(基本編)

キスのアタリはプルプルプルと首を振るようなアタリです。


竿が胴調子のものならこのアタリが手元まで来るようならまずキスが釣れています。


竿を持ち上げる程度(手首を返す程度)のアワセを入れれば十分です。


最初は口掛かりにこだわらず、キスを釣り上げることを第一義としましょう。


キスが釣れて、針を飲み込まれているようならまっすぐ引っ張ってみましょう。


比較的簡単に針が出てくると思います。


エラに指を入れて口を開けさせて引っ張れば割と抜けるはずです。


竿が柔らかく胴調子のものはアタリが吸収されやすく合わせにくい反面食い込みが良いので向こうアワセで釣れます。


このとき針が飲まれているケースが多いのです。


穂先を注意してみていると、最初穂先が少し押さえ込まれたような感じになりピクピクと穂先がゆれるような感じが見て取れると思います。


このときエサを吸い込んだと考えアワセを入れるようにすると口掛かりするようになります。


これが、初心者脱出の第一歩です。


ムームードメイン

ロリポプラン 詳細はこちら

大容量3GB・月額1,500円!レンタルサーバー【ヘテムル】
この記事のカテゴリーは「 キス船釣りでの釣り方」です。
ターゲットであるシロギス(キス)の生態を知り、それにあわせて釣り方を工夫することが釣果を伸ばすコツ。ただ、数を釣ることを目的とするわけではないけれど、そこはシロギスとの勝負。ついムキになってしまいます。
関連記事

キスの船釣り、今年の誘い

キスの船釣りの場合は誘い方は大切です。小刻みな竿捌きで餌を目立たせ、あたりを確実に捉えるために待ちの時間を持つこと。この組み合わせに神経を注ぎます。

キス船釣りの中間総括1(餌について)

昨年までのキスの船釣りと、今年のキス釣りの違いは何か、、、やっぱり不景気の影響で釣行回数が激減していることではないでしょうか。今年はキス釣りだけでなく、メバルの半夜釣りとのリレー釣りが多くなっています。そのために、場所と時間帯が変わっているのが大きな差となっているように思います。

キス釣りの誘いのイメージ

図は水中で何もしていない状態の仕掛けのイメージです。 (ア)は天秤、(イ)は錘、...

キス釣りの針と餌のつけ方

キス釣りで、投げ釣りの場合は、仕掛けを入れてから、引きながら釣るのが一般的です。...

キス船釣りのアワセ(基本編)

キスのアタリはプルプルプルと首を振るようなアタリです。 竿が胴調子のものならこの...