トップ >  キスの船釣の仕掛け > キス船釣りの仕掛け(私の場合)


ノンアダルトなのに¥4200以上★
国際電話は「ラクダコール」
シルク専門店【シルクル】
Yahoo!ウェブホスティング「ライトコース」
運命転換の護符・霊符を作成
顕微鏡を使った歯の治療「精密審美歯科」

キス船釣りの仕掛け(私の場合)


仕掛けは幹糸1.5号、ハリス1号、針は流線の7号の2本バリで全長1m位のものです。


シーズンの当初は、ハリス1.2号のものが船では売られています。


これは、カレイ、マゴチなどが外道として掛かる可能性があるからでしょう。


ハリスはホンテロンなどの少し固めの物が良いように思います。


枝針のハリスの長さは10cm程度、あまり長く取ると幹糸に絡んでしまいます。

針の本数は、投げ釣りの場合は5本から7本の針の付いた仕掛けを使うようですが、船の場合は広い範囲を引きずって探るわけではないので2本か3本の仕掛けで十分です。


キスの船釣り仕掛けの場合は4本セットで200円くらいでありますので、コストパーフォーマンスとしては市販のものを買っても問題ありません。


針はケン付き流線と呼ばれるものがえさ付け(非常に重要な要素です)が楽です。


キスの捕食は吸い込み系ですし、合わせを入れる釣りですのであまり大きな針でなくても良いです。

吸い込み易さからいうと競技用キス針、キツネ針を使った仕掛けがよいようですが、投げ釣りと異なり、えさを目立たせるためにたらしの長さを3cmくらい取り、しかもエサがまっすぐになるように針の軸までエサを通しますので、先のケン付きの流線針が一番付けやすいです。


1本針だと一度のあたりを確実に取らなければならず、3本針にすると仕掛けが長くなり流れや船の移動の折に仕掛けが底から舞い上がるようです。


2本針で、2回あたりがあるまで待つこともできます。


私の場合は最初はケン付き流線の7号2本針で、仕掛けの長さが多少でも工夫できるということ手作りをはじめました。


最近は、吸い込み重視で競技用キス針7号で、1mの3本針のしかけを作っています。

ムームードメイン

ロリポプラン 詳細はこちら

大容量3GB・月額1,500円!レンタルサーバー【ヘテムル】
この記事のカテゴリーは「 キスの船釣の仕掛け」です。
釣りの仕掛けの基本的なコンセプトは単純であることと、より自然に近いこと。最近はメーカーがいろいろな仕掛けを登場させ、釣り人の購買意欲を向上させようとするが、キス釣りに限らず、自分で工夫した仕掛けで魚と勝負し続けたい。
関連記事

キスの船釣り自作の仕掛け

キスの船釣りの仕掛けも自作しています。幹糸2号、ハリス1.2号の2本鈎と、3本鈎のものを作って、潮の状態などキス釣りの状況に合わせて使い分けます。また、ハリス止めを使うようにして、ハリス、鈎の交換を手早くできるようにしました。

仕掛けの長さ

キス釣りの仕掛けの長さは市販物で2本針の場合、80cmから1mが標準。 針の間隔...

キス釣りの仕掛け(20085月)

私の現在の仕掛けは幹糸1.5号、エダス1.2号で全長1.2mの3本針が主流に。 ...

キス船釣りの仕掛け(私の場合)

仕掛けは幹糸1.5号、ハリス1号、針は流線の7号の2本バリで全長1m位のもので...

キスの船釣り用の仕掛け(初心者編)

市販の船のキス釣り用の仕掛けを用いれば十分です。 喰い込みの良さを重視するなら...