ムームードメイン
ロリポプラン 詳細はこちら

ノンアダルトなのに¥4200以上★

国際電話は「ラクダコール」

シルク専門店【シルクル】

暖かくなると心がうずきます。
パールピンクの姿は釣師の心をとりこにします。シロギス。一般にはキスの名で親しまれています。小さなお子さんから大の大人まで釣りをする人でこの魚がきらいな人はいないでしょう。

穂先にプルプルと小気味の良いアタリを伝え、巻き取ると薄いピンク色に輝く姿が上がってくると心が躍ります。
海水浴場などでも手軽につれるので小さいお子さんの釣入門にも適した釣かもしれません。
投げ釣りを専門にしている人は、このシロギスを一定期間に何匹釣るかを競っているグループを作ったりしています。

Yahoo!ウェブホスティング「ライトコース」

あなたのキス釣りの釣果と安全を祈って、
貴方を守り叶える 究極の開運ツールをご紹介!

顕微鏡を使った歯の治療「精密審美歯科」

私は船からのシロギス狙い。
関西でも最近は船のキス釣りは人気です。自分のボートで気軽に出かけることの出来る人も、乗合船に乗って出かける人も夢中でこの美しいシロギスを狙うのです。
船のシロギス釣りの乗合船はシーズンになると阪神間でもたくさん出ていますから、問い合わせれば近い釣り場があるはずですよ。

キスは食べてもおいしい魚。定番は刺身、塩焼き、てんぷら。薄口醤油でさっぱり煮付けても上品です。
釣った魚は出来るだけ食べてあげたいものですから、小さなキスは海に返して大きくなるまで待ちましょう(^^;
岸からの釣りに比べて船でのキス釣りは大物が出るので魅力です。キスを狙っていてつれてしまう外道(狙い以外の魚)もおいしい魚が多いのも魅力です。

キスの船釣り:カテゴリー

キスの生態

キスの船釣の仕掛け

釣りの仕掛けの基本的なコンセプトは単純であることと、より自然に近いこと。最近はメーカーがいろいろな仕掛けを登場させ、釣り人の購買意欲を向上させようとするが、キス釣りに限らず、自分で工夫した仕掛けで魚と勝負し続けたい。

キスの船釣り道具

キスの船釣りの場合、置き竿にはしませんので、できるだけ軽い道具が楽になります。 最近は、ワンピースのもので釣りをする人が増えていますね。リールは、乗合船なら両軸リールのほうが、周りとのトラブルを避けることができると思います。

キスの船釣り餌

キスの船釣りの餌。キス釣りの餌といえば、石ゴカイ、青ムシ、チロリが有名なところでしょうか。私はあまりチロリを使うこと派ありませんが、石ごかいと青ムシは場所や天気によって使い分けるといいですね。

キス船釣りでの釣り方

ターゲットであるシロギス(キス)の生態を知り、それにあわせて釣り方を工夫することが釣果を伸ばすコツ。ただ、数を釣ることを目的とするわけではないけれど、そこはシロギスとの勝負。ついムキになってしまいます。

キスの船釣りの持ち物

キス釣りの時期を考えると、夏です。しかも船釣りですから、暑さ対策はしっかりとしておきましょう。

レンタルサーバー 【ヘテムル】 なら、 独自ドメイン10個、データベース10個までを、追加費用無料で設定できます。 しかも、サーバー容量は余裕の3GB! 1つの契約でたくさんのサイトを運営したい方にぴったりのサービスです。

ムームードメイン

ロリポプラン 詳細はこちら

キスの船釣り:ピックアップ!

キス船釣りの中間総括1(餌について)

昨年までのキスの船釣りと、今年のキス釣りの違いは何か、、、やっぱり不景気の影響で釣行回数が激減していることではないでしょうか。今年はキス釣りだけでなく、メバルの半夜釣りとのリレー釣りが多くなっています。そのために、場所と時間帯が変わっているのが大きな差となっているように思います。

キス釣りのタックルのバランス

キス釣りの道具について一つずつ見ていくと、それぞれの利点、欠点があるものの、それ...

キスの船釣り 持ち物

釣り道具 竿、リール、天秤、錘、仕掛け、餌はそれぞれの項目で詳しく説明していま...

キスの船釣り 服装

キスの船釣り 服装 キスを釣るのは晩春から初秋。 しかも昼間。 とにかく日差しが...


大容量3GB・月額1,500円!レンタルサーバー【ヘテムル】
サイトメニュー
気になるもの
最新記事
船のキス釣りは難しい?
船のキス釣りに出かけて、乗り合いでも坊主(釣果0)の人はまずありません。
キスがいるところまで船が連れて行ってくれますから初めての人でも女性でもお子さんでも少なくとも4?5匹は釣れます。
私のよく行く乗合船では、副船長が釣り客の間を巡回しており、トラブルの解消から、初心者の指導までしっかりとやってくれますから最低でも二桁は釣れるでしょう。
しかし、この釣りは結構奥の深い釣りです。
キスの習性を理解し、その日の潮などのコンディションを考え、誘い、アワセなどの技術を磨くと驚くほどの釣果が出るのです。船での一人平均が30尾くらいのときでも竿頭(最もたくさん釣った人)はその2倍以上の数字を出すのです。
私はまだまだその域には達していませんが何とか近づきたいと思い、いろいろ試していることをまとめます。